天からのいろは・見本


木花咲代様・天からのいろは
これまで『五色の玉』をはじめとして、たくさんの運命鑑定を皆様に提供してまいりました。
新しい鑑定書を作る度にこれでもう終わりだろうと言う気持ちで作ってきました。
でも、神様からは五色の玉発表直後すぐくらいの時期に既に『まだある』と私にメッセージを下さっていました。
五色の玉発表から5年が過ぎ、ようやくそのメッセージを形にすることができました。

人には宿命が与えられていて、この宿命自体は変えることができません。ですが、生き方によってその宿命の中で幸運と不運が分かれていきます。
同じ宿命を生きていく中で、幸運を選んだほうが生きやすいに決まっています。
全ての人は運命計画書の中では幸運の道を選んで計画を立てているのです。
是非自分自身の運命計画書に沿って生きていただきたいものです。

タイトルに『いろは』と言う言霊を用いました。いろはと言えばいろは歌ですがこれは日本の言葉の原点です。
そしてこれは神示であり、人がどう生きたらいいのか49文字の中に神意が篭められています。

そして『いろは』と言う言葉には物事のいろは。を教えると言うように何かのコツやツボなどを指南する時に使うこともあります。
天、神様があなたの生き方を一から指南して下さると言う意味をこめて『天からのいろは』と名付けこの鑑定書は誕生致しました。
神様から与えられている一生の運勢の指針として『五色の玉』があり、そして自らの魂が作った運命計画書通りの自分自身になるための鑑定書がこの『天からのいろは』です。
本書によって、自分のことをさらによく理解して頂けるはずです。

名前も誕生日も神様のプレゼント
神様は実に巧妙に宇宙を創造され、人に必要なもの全てを用意してくださっています。

名前や生年月日の中に計画書を封印されており、必要があればこれを読み取り、また正しい道に戻ることができるように計らわれています。
名前も生年月日も神様からのありがたいプレゼントと言えます。

運命計画書を表す誕生日に生まれ、その運命に相応しい名前が必ず付けられると言うことです。

親が名づけようが祖父母が名づけようが、姓名学者が名づけようが、出産日を医療でコントロールしようが、帝王切開での出産であろうが、必ず運命計画書通りになっていくと言うことですね。

運命計画書の提出
人間はこの世に生まれてくる前に、いつどの土地で、どのような両親、兄弟姉妹と出会い、どんな人と知り合ってなにを経験するのか、どんな生き方をするのか、綿密で膨大な計画書を神様に提出するのだそうです。

そしてこの計画書が神様の審査を通過してはじめて人として生まれることが許されるそうで、その確率は宝くじなど比にならない奇跡と言われています。

ですから、私達人間は全ての人が奇跡の存在です。
なぜ生まれてきたのか?生まれないほうが良かったのではないか?などと自分のことを卑下したり、自殺してしまうことは自分の運命計画書を否定するようなものです。

この運命計画書には必ず幸せの道が記載されています。
苦労や困難は人生においてさけることはできませんが、それも重大な気付きを得て成長し器を大きくして幸せに向かうためのものですから、不幸ではありません。
苦労や困難に直面した時に、我や欲、魔にとらわれて魂を穢し運命計画書から外れた生き方をしてしまうことが不幸なのです。
本書によって自分自身の運命計画書を理解していれば、正しい道を歩むことができるはずです。

そもそも神様から認められた運命計画書です。
この通りに生きるということは神様やご先祖様からの加護をきちんと得られる生き方ができるということです。
目に見えない存在への感謝を忘れず生きてください。

あなたの運命計画書『天からのいろは』を五色の玉と共にぜひ生涯お役立てくださいませ。

誕生地点から見るあなたの特徴

誕生地点とは、運命の流れを6通りに分類した大まかな鑑定ですが、非常に人生において重要な意味を持っています。
大まかな分類であるがゆえに人生の根幹にあるものと言えます。

●0地点生まれ
あなたはあなたの天中殺の時期にこの世に生を受けました。
特徴として干支から与えられている性格、運命の影響が色濃く表面化してきます。

中略

芯の強さの中に柔軟さを養うことが課題の一つとなります。

●0地点生まれの人に表れる雰囲気
独特のオーラを放ち話す言葉に説得力があります。




生年月日の干支から読み取ったあなたの特徴
●干支について 干支が同じなら性格も同じ?

干支というと、年の干支が皆様にはお馴染みだと思います
この干支には意味があり皆さんの性格、運勢を表しています。
年は60年のサイクル、月は60ヶ月のサイクル、日は60日のサイクルとなっています。
では、同じ年の生まれの人は皆同じ性格なのか?と言う疑問が湧くかと思いますが、実際、その年生まれの人に共通する性格というのはあります。
私は長年塾の講師をしていましたので、実感としてありますが、この年の生まれの子は凄く真面目で静かなのに次の年の子たちは、落ち着きがない子が多いと言うような学年毎の傾向は確実に存在します。
運命鑑定では、そこに月や日の暗示や姓名など色々な要素を加味するため、実際同じ性格の人というのは存在しませんが、年の傾向は確かにあります。

●日の干支から見る特徴(本質)
お人好しで人を疑わない純粋さがあり、感性が鋭く空想の世界に遊ぶのも好きです。
無から有をつくり出す力があり、また努力家で頑張り屋ですから地道な積み重ねで満足のいく生き方もできるでしょう。



●月の干支から見る特徴
自分の熱中するものがあれば限りなく進んでいきます。
これと思ったら退くことはありません。
神仏を信じる人ですから霊的なことや宗教的な世界へと傾いていきます。



●年の干支から見る特徴 
※年の干支は先述の通り大きな目で見た傾向ですが参考になさってください。
ただし0地生まれの場合は強く表面化しやすいです。

ムードや物言いはソフトですが、単独行動を好みます。
人から見ると自分の思うとおりに行動しているように見えてしまいます。
人当たりのよい外から見るあなたとは裏腹に非常に頑固な所があります。しかもその頑固さに繊細な神経が加わった、ある意味完璧主義者です。



宿命図から見るあなた
人には東西南北と中央から見た宿命が存在しています。
様々な性格が示されますが、どれもあなた自身を表しているものです。
自分では、『私はこうじゃない。』と思ったとしても、その方角からあなたを見ている人にとっては、その方角のあなたこそが『あなた』なのです。
自分の中にある要素を否定するのではなく、吉面は生かし、正すべき所は真摯に見つめて修養してください。

全体が自分自身を構成する要素なのですが、それぞれの方向の一面がどんな人に向けられやすいか傾向はあります。

中央・・自分自身の本質の性格
東・・友人、知人、兄弟、社会における印象
西・・家族や家庭、家族の評価、配偶者運
南・・人生観の特徴はここに表れやすく、子どもや部下に見せる顔
北・・親や上司に見せる顔です。老後のものの考え方も含まれます。
相手がどの方角からあなたの事を見ているかによって印象が変わってきます。

●内面にもっている宿命星
中央(本質)
実に生真面目で人から話を聞く時もきちんと聞いていて、ひとつひとつ確認作業をするような人です。
古典芸能、格調高い芸術、伝統的なものを大切にし、積極的に関わっていこうとします。
育った環境が性格にすりこまれているため、そこからかけ離れた人に違和感を抱きがちです。



北の星
どのような仕事であるかにもよりますが、説得力がありその気になれば味方だけでなく敵さえも味方につけてしまう統率力があります。




東の星
日常生活の中でも遊び心、あるいは楽しく工夫しながらこなすことができます。



南の星
自由気ままに創作活動や自分の興味のある勉強をしていたい人です。



西の星
趣味を多く持ち、興味のあることはとりあえずやってみようとします。




神様からの使命星
いつもチャレンジ精神を持ち絶えず今より上を目指しなさい。と神様が仰っています。
いつでも自由なことがあなたにとっては一番です。
身軽な環境の中で生活しましょう。
何かと自分の行動を阻まれる場に身を置かないことです。



天中殺からみる特徴
辰巳天中殺
元々家系をはみだす運勢をもっており破天荒な生き方をする人もいます。
辰巳天中殺の人は願わくばある程度本人の好きなように、できる限り親の常識を押し付けられず成長していることが好ましく、運勢を生かすことができます。



因縁・業・特殊星
因縁、業と言うと嫌な感じに聞こえるかもしれませんが、これは今世において解消しなければならない重要な課題であり、それも全て自分が取り決めて生まれてきたのです。
そしてその業さえも幸せになるための一つの手段なのです。
プラスに受け止めて課題の解消に努めれば吉となりますし、マイナスに考えれば正に業を背負い苦労を重ねるばかりという結果になってしまいます。

因縁、業、特殊暗示、23項目の鑑定を行いましたがあなたの運勢上には1種存在していました。

あなたには三業干支と呼ばれる暗示があります。

三業干支
六代前までの悪行を背負いその業を解消するべく生まれてきました。
ですから、先祖供養を忘れないことです。
お子さんや子孫のためにあなた自身が正しく、かつ神様の道を外れず恥ずかしくない生き方をすることが望まれます。

特徴
婚姻関係に欠陥が生じる業。
特にサラリーマンの生活、共働きなどの平凡な結婚に波乱が起きます。平凡であればあるほど強く現象化することになります。




前世からのメッセージ
前世のあなたの生きた証は、今世にも必ず残されています。
その中には前世のあなたから今のあなたへのメッセージも含まれているのです。よりよく生きて課題を克服してほしいと、前世のあなたは願っています。それは時空を越えてあなたの本能に届いているはずです。
前世の自分自身の声に耳を傾けてみましょう。

@

貧しい農家で育ち、新しい物や知らない物に惹かれ、冒険好きで好奇心一杯に育ちました。
夢を叶えるために仲間と共に冒険の旅へと旅立ちますが、船が嵐に遭い、仲間も失い一人残った自分自身も命が消えかかろうとしていました。



A
全く自由のきかない立場にあったようです。自分の意思は通らず、興味を持っても取り組む事も許されず行動も規制される、そのような環境に置かれていたようです。



干支から見るかかりやすい病気
胃腸の病気、皮膚、爪の病気、むくみ、腰痛、頭痛、めまいなど。
気の流れが頭に昇りやすいので、あなたにとって怒りは禁物です。





生年月日の数霊から導くあなた
全体
そもそも根底にやんちゃで活発な性格があります。
生まれつき守られている人で、それも人から守られていると言うより、もっと大きな宇宙、あるいは神仏、ご先祖様からの加護が厚い方です。



あなたの恋愛と結婚
あなたは自分より強いエネルギーを持っている人を選ぶ傾向があるかもしれません。
もっと輝きたい、もっと輝くためにはもっと強い人をと言う感覚で相手を求めていると、パートナーがライバル関係になってしまう恐れがあります。



友人知人
自分というものをしっかりと持っているので、独断専行で物事を決めがちです。




神様のメッセージ
自分の信じた道を歩んで良いのです。
ですが、人は時に間違えるものですから、そんな時は信頼できる人の言葉に従いましょう。



潜在的な資質

天啓を受け取り、人々を啓発するメッセンジャーとしての資質が備わっています。
相手に気付きをもたらすためには今この人にどんな言葉が大切かを見抜き、相手が最善の道を歩むことができるようなアイディアを出さなくてはなりません。



数霊から読み取る健康法
健康はあなたが自分のエネルギーをコントロールできているかどうかにかかっています。
マイナスの感情に強く支配されるとあなたの弱さの部分が表面化して、うつ状態や精神の病にかかったりと言うことがありそうです。




数霊から見る仕事運
新しいアイディアを出すことが得意です。
物事を進めていく力もあります。



神様の御言葉



生年、生月、生日天中殺
生年天中殺星 あり
一生親の恩恵を受けずに暮らしていくことが運を上昇させることになります。
どんなに親が裕福であったとしても、その財産を受け継ぐことはできません。




4月生まれの特徴
しっかりしているようでも実はとても弱い部分や甘えたがりの部分があります。
けれどそれを中々人に見せることができません。



1日生まれの特徴
全体
男性性の特質が強く、他の要素に中和されていなければ、基本的にはトップを目指したいタイプです。
基本的にはあまり細かいことにこだわらずさっぱりとしていて、大らかな所があります。裏表の無いわかりやすい性格です。



外見



仕事



恋愛結婚



対人関係




注意点



あなたの適職
多くの人を助ける職業全て。(医療、介護、福祉、セラピストなど)
他者の財産を運用する金融機関など。



隠れた才能
研究者、学者、芸術家、評論家、宗教家など。



あなたの生き方 
前進力とチャレンジ精神を持っている人です。
子供の頃、どのような育ち方をしたかが大変重要です。



守護神と衰神
この世の万物事象全てが陰陽五行の循環で成り立っていますが、個人個人の持つエネルギーにも木火土金水五種が含まれており、その配分によって人の個性が決まっています。
この五種の配分のバランスがとれていることが好ましくはあるのですが、これは先述の通り個性を表していますので、バランスの取れた宿命というのはなかなかありません。
生まれ持ったバランスそのものは生涯変わりませんが、後述の四季運、10年の大運、年運、月運、日運、人との関わり、食べている物などの影響を受け変化を起こします。
ここで言う守護神とは、この陰陽五行の配列のバランスを取り、スムーズに物事を進ませてくれる氣の存在があるかどうかを指します。
このような意味を持つものですから、守護神が存在しないからと言って加護が無いとか、運が悪いとかそのような意味ではありません。

逆にこの陰陽五行の配列のバランスを崩すエネルギーのことを衰神と表しています。
一般的には衰神がつくと物事がうまく進まなくなり、体調不良の元となります。
ただし、陰陽五行のエネルギーは必ずバランスを取るように作用が起こります。それが気付きであったり、成長、能力の開花、魂の浄化と言われるものに繋がったりもします。
便宜上『衰神』と表記しますが、決して悪いものではありません。
ただ、やはり五氣のエネルギーはきちんとバランスが取れて滞り無いことが理想ですので、衰神のエネルギーについては上手にコントロールする方が生きやすい人生となります。
本書では、そもそも生まれながらに持っている宿命守護神・衰神の鑑定と、10年単位の運命の流れの中に存在する大運守護神・衰神の鑑定を行います。

あなたの宿命守護神、衰神の有無
宿命守護神あり
作用が弱い形ではありますが、宿命守護神が存在しています。
その影響により現状維持を守り続けるという要素が加味されます。



宿命衰神あり
衰神も存在し、宿命守護神の作用を抑えます。
後述の対処を実践し、守護神を生かしましょう。

宿命衰神、大運衰神が存在する場合の対処法
衰神の存在があると、平穏な精神状態を保つことが難しくなったり、物事に対するこだわりが強くなって思い込みも強くなりそうです。
思考の柔軟性を欠くことにもつながります。



生活の中での対処法
衰神の影響により、飽きっぽくなったり、いざ自分にふりかかった大事にはフットワークが鈍く運を逃してしまうこともあります。



あなたの運命の四季と10年の運気
四季運とは
自然界に四季があるのと同様で人間にも四季があります。
人生を4つに区切ったもので、それを春夏秋冬で表していますが、どの季節から人生がはじまるか、そしてどのように季節が巡っていくのかは人によって異なります。
季節毎に適した生き方というのは変わってきます。また、10年の運気や五色の玉で鑑定した人生のバイオリズムなどの影響も受けますので本書では併せて表記し、その時期に適した過ごし方を示します。

本書には生まれた瞬間から100歳前後までの大運の流れを示してあります。実際にはさらに年運月運などの細かいバイオリズムも加わってきますが、この大運を意識することが特に重要な意味を持ちます。
過去の言動が現在のあなたを形成していますので、過去を振り返り、自分は魂の計画どおりに生きてきたかどうか、五色の玉の人生のバイオリズムと併せて参照し、振り返ってみてください。
計画から外れてしまっていたと思われるなら、素直に受け止めこれから正道に戻る意識を強くもってください。
自分自身の魂の計画を知るだけでも、正道に戻るエネルギーとなります。人生の節目節目で本書を読み返し、自分自身の魂の計画書を再確認して正道を歩んで頂けたらと思います。

0歳から7歳の運気(この時の傾向は一生を通じて影響があります。)

四季運の基本特徴・冬

何かを学び習得したいと考えるエネルギーが強い時です。
好奇心もチャレンジ精神もありますが、動くというより考える時、体力よりも知力が必要になります。
今の自分よりもさらなる向上を目指して知性を磨く環境に身を置こうとするでしょう。




この時期の特徴
幼児の時にちょうど反抗期くらいの性格が巡っていますので、幼児なりに親のいうことを聞かなかったり、扱いにくかったりします。



8歳から17歳の運気

四季運の基本特徴・秋
攻めのエネルギーです。
欲しいものに積極的に向かう時ですから、ここでじっとしている人は何も得られません。



運命の四季から受ける特徴・幼年期秋



この時期の特徴
若いエネルギーに溢れる時です。目的に向かうパワー、やる気は十分にあります。



※10年単位で80歳前後まで記載します。


人生のバイオリズム
人は色々なリズムの影響を受けて生活しています。先述の四季運や、10年単位の運気の流れだけではなく、おおよそ人生を3分割したリズムもありますし、年のリズム、月のリズム、日のリズムなど、考えればキリがありません。
本書では、その中でも重要な四季運と10年単位の流れに加えて6年程度のバイオリズムを【人生のバイオリズム】として記載します。

出生から80才前後までのバイオリズムをテーマ別に掲載しています。
過去の暗示は当然過ぎ去ったものではありますが、自分自身を見つめ直す大切な材料となります。
この人生のバイオリズムを感じて、正しくこの波に乗ることができているのか、そうではないとするなら、自分はどこでこの波に逆らってしまったのだろうかと考えてみてください。
過去の記憶というのは物質のように私達の心身に中に残っています。それが、ストレスとなったりトラウマとなって、足かせとなってしまうのです。
自分の人生を素直に振り返って道を間違えたことに気づくことそのものが、この記憶の物質を洗い流すことに繋がったりします。
過去の自分に話しかけてみてください。『この時、ちょっと生き方を間違えてしまったね。でも大丈夫。これから正しい道を歩むから。』
過去の自分を許し受け入れることで、その過去の記憶が洗い流され正道に戻るエネルギーとなります。それは結果現在のあなたを癒やすことになります。
ぜひ、過去の自分と向き合い新たな道にお進みください。

そして、現状から未来については、先述の十年単位の運気と併せて熟読して、生き方を判断なさってください。

例えば、10年の運気に守護神が存在し、人生のバイオリズムも好調期であれば、その時期は相当運気が高まることを期待できます。浄化に努め、実力を養い、ぜひ好調期を生かしてたくさんの福を得ていただきたいと思います。

10年の運気に衰神がついている場合、人生のバイオリズムが好調期であっても生かすことができません。当然不調期であれば、不調さが際立つことになります。ですから、衰神の対処をしっかりと意識して、その時期の最善を引き出すことが必要となります。

衰神が存在していたり、不調期というのは、それだけ学びの大きい時でもあります。与えられた課題を真摯に受け止め、クリアしていけば、衰神も不調期であっても必ず幸せを得ることができます。
本書によって自分自身の運命の流れを感じながら最善の道を歩んでいただけたらと願います。

0才から7,8才頃
【不調】
誕生したときに不調運であるため、体が弱く熱を出したり、喘息など引き起こすケースが多いです。
親は病院通いを余儀なくされますが成長するにつれて段々と丈夫になっていきます。




7,8才頃から13,14才頃
【決定】
小学校に上がると、段々と体も丈夫になってきます。



※10年の運気同様、80歳前後まで記載します。


天の加護がある年


これらの年はたとえエネルギーが下がっていても、運が落ちていても、あなたの意識が正しければ神のご加護を頂くことができます。

終わりに
天からのいろはの一冊目を作り上げた時、人の複雑さ、宿命から外れずに生きることの大切さを痛感致しました。
本書を読んでみて、皆さんどんな感想を持たれたでしょうか。
人は誰でも幸せになることができます。本書の内容は一見厳しいことが書いてある部分もありますが、それは宿命に示されている課題を乗り越えて幸せになって頂くためのものです。
ですから、本書に示していることには全て希望があります。
あなたがあなたらしく、生きるための神の光が示されています。
人は宿命から逃れることはできません。抗って生きる方が本当は難しいし辛いことなのに、別の道を歩もうとします。
すると、道を正すために、本来しなくてもいい先の見えない苦労をすることになります。
宿命通りに歩んでいても苦労はあります。ただ、宿命通りに歩んでいるなら、神の光を遮るものがありませんので、苦労の先にある幸せが必ず視野に入っているはずです。
皆さんが体験している苦労は、どちらの苦労でしょうか。
人は皆平等です。皆さんの人生全てに神様から認められた計画書が存在しているのですから、その計画書通りに生きることがあなたにとっての幸せの道なのです。
ぜひ本書を活用し、魂の計画書通りの自分自身に戻ってください。

皆様に幸運の光が差しますように。

木花万乃

以上のような鑑定内容を製本してお送りいたします。
お申込みは↓からお願い致します。

●あなたの運命計画書5595
tenkara
天からのいろは
鑑定料38,000円(製本・税・送料込)

※『五色の玉』と『木花万乃式姓名判断』の『天からのいろは』への同時収録が可能となりました。 それぞれ、鑑定料が大変お得になります。

五色の玉単独の鑑定料20,000円→同時収録の場合12,000円
姓名判断単独の鑑定料5,000円→同時収録の場合3,000円